機関誌記事(記事単位)

会員限定

2016.08.10

『行政&情報システム』2016年08月号連載企画 海外公共分野ICT化の潮流 No.1 [欧州諸国]政府CIOによる改革を支える制度―スペイン、ドイツおよびエストニアの事例の考察―

一般社団法人行政情報システム研究所
主席研究員 狩野 英司

1.はじめに
欧州は、世界で最も電子政府への取組みが活発な地域の一つであり、国連電子政府ランキング(以下「国連ランキング」)でも、例年上位層の過半を同地域の国々が占めている。欧州連合(EU)の各国は、共通のデジタル・アジェンダおよび電子政府行動計画iに基づき、それぞれの政策を展開しているが、それらを推進する枠組み、特に本稿で取り上げる政府CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)に関する制度(組織、体制、任用など。以下「政府CIO制度」と総称する。)は国によって大きく異なる。