機関誌記事(記事単位)

会員限定

2017.02.10

『行政&情報システム』2017年02月号連載企画 資源としてのデータを考える No.6 行政におけるAI活用の可能性を考える―鍵は活用可能なデータの整備―

株式会社三菱総合研究所 社会ICT事業本部
主席研究員 村上 文洋

1.川崎市・掛川市でのAI活用実証実験
株式会社三菱総合研究所では、川崎市、掛川市の協力を得て、2016年9月6日から30日までの約1か月間、「AIによる住民問合せ対応サービス」の実証実験を行った。実証実験用のプロトタイプの開発には、株式会社アスコエパートナーズ、イナゴ株式会社の協力を得た。