機関誌記事(記事単位)

会員限定

2017.08.10

『行政&情報システム』2017年08月号特集 API技術の公共部門における活用

日本電気株式会社SI・サービス市場開発本部
シニアエキスパート 寺岡 賢二
一般財団法人全国地域情報化推進協会
企画部担当部長 吉本 明平

1.API技術の概要
1.1 APIとは
API(アプリケーションプログラミングインタフェース)は、昔からある考え方で、プログラミング経験のある人にはおなじみのものである。例えば、ファイルの読み込み、書き込みをread、writeといった関数で提供する場合、readやwriteは、APIである。こうした処理を行うための基本ライブラリは、関数形態のAPIでプログラミングを行うことが多い。例えば、Windows上で動作するアプリケーションを作成するためには、マイクロソフト社が用意した.NET等のAPIを使うことになる。