機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2013.02.10

『行政&情報システム』2013年2月号 モバイル活用戦略

『行政&情報システム』2013年2月号では、モバイル活用戦略を特集しています。

モバイル端末が急速に普及する一方で、電子政府におけるモバイル活用はまだ緒に就いたばかりの状況です。このような状況において、政府はどのようにモバイル活用を考えればよいか、識者の知見をご紹介しています。

この他、トピックスや連載企画も盛り沢山でお届けしておりますので、ぜひご一読ください。

「民間ITシステムから考える」(第17回/最終回)ガス事業の安定・効率・革新を目指して

行政におけるモバイル活用の可能性—オープンデータが変える社会とモバイル端末が果たす役割—

米国連邦政府のモバイル活用戦略

韓国の電子政府におけるモバイル活用戦略

BYODの実態と実現技術

政府調達改革:予算の効率化に向けて

イスラエルのサイバーセキュリティ(前編)—テルアビブ大学 ベン・イスラエル博士に聞く—

第46回ICA会議の概要—ICTが生み出す生産性向上と実態とのギャップをどのように埋めるのか—

行政情報化新時代12 ネット選挙からE-votingへ ─次世代電子政府の可能性─

自治体の現場から情報システムマネジメントを考える6(最終回) 情報システムのプランニングとリーダーシップ

電子行政イノベーション6 動き始めた日本のオープンデータ

成熟社会のケータイ世代論5(最終回) 何故「ゆとり世代」は政治から離れるのか?

アグレッシブな電子政府を目指して3(最終回) 電子政府のグローバルな最新動向について ─新たな理論、実践、そして課題─

定期購読のご案内