研究所レポート

2019.03.29

2018年度海外調査報告書

本報告書は、カナダおよび米国の電子政府の取り組みについて、2018年10月に当研究所および会員企業が協働で実施した現地調査の結果を取りまとめたものです。

当研究所では例年、海外の電子政府の先進的な取り組みに関して会員企業との協働による海外調査を実施しています(※)。今年度は、現在、世界で最も電子政府に積極的に取り組んでいる地域のひとつであるカナダおよび米国を対象として選定し、両国における電子政府の取り組みとその成果について、デジタル変革、アジャイル開発、先端的なデジタル技術の利活用、ユーザ中心のサービス改革、サービスデザイン思考、データ利活用、サイバーセキュリティといった幅広いトピックスを対象に現地調査を行いました。

本報告書は、調査参加者による各機関の調査結果の報告、訪問機関より提供された資料およびウェブサイト等の公開情報の調査を基に取りまとめたものです。

※2015年度はイギリス、スペインおよびフランスを対象に、2016年度はデンマーク、スウェーデンおよびフィンランドを対象に、また2017年度はオーストラリアおよびニュージーランドを対象に調査を実施しました。

報告書