機関誌記事(記事単位)

会員限定

2021.06.16

2021年6月号 特集 エンジニアが生み出す公共DXの可能性 一般社団法人行政情報システム研究所主催「公共DX未来会議 Vol.1」

台湾デジタル担当政務委員(大臣)
オードリー・タン
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
産業サイバーセキュリティセンター サイバー技術研究室長
登 大遊

デジタル・ガバメント推進においては、行政実務の現場の尊重と、革新的なDX(デジタルトランスフォーメーション)が同時に問われる。これは今秋にデジタル庁を発足させる我が国においても重要な課題であり、近年注目されるシステム開発の内製化を考える上でも必須の視点だろう。

そこで行政情報システム研究所は、二人の著名エンジニアを招いたオンラインイベントとして「公共DX未来会議 Vol.1」を開催した。

オードリー・タン氏は台湾デジタル担当政務委員(大臣)を務め、世界的なITイノベーションリーダーとして知られる。
登大遊氏は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のサイバー技術研究室長等を務め、日本のIT国家戦略を牽引している。

今回が初対面となった両者の、刺激的な意見交換をレポートする。