機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2016.02.10

『行政&情報システム』2016年02月号 マイナンバー制度の利活用と今後の展望

本号では「マイナンバー制度の利活用と今後の展望」を特集として取り上げ、内閣府の福田大臣補佐官へのインタビューのほか、マイナポータルや番号カード、さらに法人番号の公表と活用について解説しております。

利活用と今後の展望1 マイナポータルの概要と利活用(内閣官房 社会保障改革担当室 主査 保谷 太一郎)

利活用と今後の展望2 個人番号カード(総務省 自治行政局 住民制度課 課長補佐 内海 隆明)

利活用と今後の展望3 法人番号の公表機能(国税庁 長官官房企画課 法人番号管理室 課長補佐 小野 和人/国税庁 長官官房企画課 法人番号管理室 課長補佐 齋藤 保人)

利活用と今後の展望4 法人番号の民間利用(株式会社 東京商工リサーチ 執行役員 田中 智子)

21世紀を代表するインフラ「オープンデータ」(株式会社 jig.jp 代表取締役社長 福野 泰介)

オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの展開に向けて(国土交通省 総合政策局 総務課 政策統括官付 企画専門官 松田 和香)

国家公務員のワークスタイルを変える霞が関オフィス改革(総務省 行政管理局 行政情報システム企画課 課長補佐 加藤 彰浩)

情報セキュリティマネジメント人材の育成・確保に向けて―情報セキュリティマネジメント試験の創設―(独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 参事・情報処理技術者試験センター長 山城 宗久/独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 情報処理技術者試験委員会 委員長 内閣官房 政府CIO補佐官 東京工業大学 特任教授 岩丸 良明)

民間企業におけるICT活用事例17 全面クラウド化で短期間かつ計画的にITをレベルアップ、さらなる飛躍へ(株式会社 バルス 管理本部 情報システム部 部長 桑田 和紀/株式会社 バルス 管理本部 情報システム部 忽那 一賢) 

「資源」としてのデータを考える3 データの重要性に気づく(株式会社 三菱総合研究所 社会ICT事業本部 主席研究員 村上 文洋)

スマートパブリックの実現:利便性の高い電子行政サービスを目指して6 ユニバーサルメニュー構築のポイント(株式会社 アスコエパートナーズ 代表取締役 安井 秀行)

行政情報化新時代20 選挙権引き下げと選挙啓発の課題(杏林大学 総合政策学部 准教授 木暮 健太郎)

定期購読のご案内