北米

2017.11.15

米国連邦議会がFITARAのスコアカード5.0版を公表

米国連邦議会の行政監視委員会は、FITARA(連邦調達改革法)の実施状況に関する24機関の調査結果を取りまとめた2017年11月時点のスコアカード5.0版を公表しました。

 

総合評価では、前回調査時(2017年6月)に比べて

評価が上がったのが3機関(教育省、人事管理局、中小企業庁)、

現状維持であったのが15機関(農務省、商務省、国防総省、保健福祉省、内務省、労働省、国務省、財務省、退役軍人省、一般調達庁、国際開発庁、社会保障庁、航空宇宙局、原子力規制委員会、国立科学財団)、

評価が下がったのが6機関(エネルギー省、国土安全保障省、住宅都市開発省、司法省、運輸省、環境保護庁)となっています。

 

スコアカードには総合評価の他に、

  • 各機関のCIOの権限強化
  • 透明性およびリスクマネジメント
  • ポートフォリオレビューの実施
  • データセンタ最適化イニシアティブの実施
  • ソフトウェアのライセンス管理

の各項目に関する評価も記載されています。

 

米国議会行政監視委員会ウェブサイトへのリンク

→詳細はこちら