機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2014.02.07

『行政&情報システム』2014年2月号 行政におけるデータ活用の可能性

『行政&情報システム』2月号では、「行政におけるデータ活用の可能性」を特集として取り上げています。
本号では、データ活用に関する最近の政府の取り組みや、民間および諸外国での知見および活用事例を取り上げ、データ活用の可能性について考える際の材料を提示しております。

政府におけるビッグデータの取り組みと今後の展望

データ分析と意思決定

データ分析力と現場力を融合 新たなイノベーションを起こす

オーストラリア政府におけるビッグデータ活用新戦略―効率、コラボレーション、イノベーションを追求し世界をリードする

平成24年度における行政手続オンライン化等の状況―国の行政機関が扱う申請・届出等手続を中心として―

高等教育における本格的なIT革命の到来―日本で始まる大規模オープンオンライン講義(MOOC)―

平成24年度『情報システム部門における組織成熟度モデルに関する調査研究・行政への活用』概要

電子政府分野への政策移転研究の広がり―ゲートウェイレビューを事例として―

民間企業におけるICT活用事例5 システム共同化と仮想化統合基盤を成功に導く秘訣

行政情報化新時代18 メディアの発展と新しい市民像

電子行政イノベーション12 電子行政における情報セキュリティマネジメントの今後と課題

自治体イノベーションの成功に向けて3 医療とマイナンバーについて考える―住民の健康かつ安心な暮らしを支えるために―

データ公開時代の法と政策4 オープンデータと表現の自由

定期購読のご案内