機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2018.12.10

『行政&情報システム』2018年12月号(特集:リスクマネジメントとしてのサイバーセキュリティ)

サイバーセキュリティの確保は、デジタル・ガバメントの推進はもちろんのこと、Society5.0の実現、東京2020大会の成功など、我が国の重要課題への取組において不可欠の前提となっている。いまやそれは通常の行政/経営課題の一つであり、投資と便益の両面を見据えたリスクマネジメントとして捉えることが求められている。しかしながら、いまだ多くの行政機関や企業では、情報システムに付随する危険、あるいは本来業務に直結しない費用負担程度にしか捉えられていない。本特集では、最新のサイバーセキュリティ対策の動向について、政府の戦略・施策をはじめ、東京2020大会での取組、産業界での取組、関連する技術展望など多角的に解説した。本特集が行政機関におけるサイバーセキュリティに関する意識向上の一助となることを期待したい。

新たなサイバーセキュリティ戦略について 内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター 審議官 山内 智生

2020年東京大会に向けた政府のサイバーセキュリティの取組について 内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター 寺井 宗秀

進化するサプライチェーンに 対応したサイバーセキュリティ 経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課長 奥家 敏和

「Society5.0」実現に向けたサイバーセキュリティ対策 日本経済団体連合会 情報通信委員会企画部会 梶浦 敏範

サイバーセキュリティの技術展望~セキュアなIoT社会に向けた取り組み~ 情報セキュリティ大学院大学  学長・情報セキュリティ研究科長、 重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)理事、教授 後藤 厚宏/情報セキュリティ大学院大学 セキュアシステム研究所 客員研究員、重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) ストラテジックアドバイザ 伊藤 公祐

AIがもたらすつながり 市民サービスとしての対話システム 株式会社エルブズ 開発部 冨永 善視/大阪大学 基礎工学研究科 システム創成専攻 講師 小川 浩平/株式会社エルブズ 代表取締役社長 田中 秀樹/大阪大学 基礎工学研究科 システム創成専攻 教授 石黒 浩

パーソナルデータエコシステムによる価値共創  東京大学 大学院情報理工学系研究科 理化学研究所 革新知能統合研究センター 橋田 浩一

データ利活用で自治体は変わる―データアカデミーの取り組み― Code for Numazu 市川 博之

チャレンジ!!オープンガバナンス 東京大学 公共政策大学院 客員教授 奥村 裕一

民間企業におけるICT活用事例 No.33 「不動産ソリューションによる新・価値創造」を支えるICT レガシーシステム再構築・新技術の活用へ、可能性を拓く道のり 株式会社大京 グループ情報システム部 次長兼高松室長 山根 敏

海外公共分野ICT化の潮流 No.9 海外行政におけるサービスデザインの実践と組織文化の変革 ―Service Design Global Conference 2018 参加報告― 株式会社コンセント サービスデザイナー 小橋 真哉

イノベーションのためのサービスデザイン No.2 This is Service Design Doing 株式会社コンセント 代表、Service Design Network日本支部 共同代表 長谷川 敦士

行政情報化新時代 No.45 「情報銀行」はどのように成立するか 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 准教授 庄司 昌彦

最新事情から探る電子行政の行方 No.34 エストニアのデジタル社会を支える法制度 と日本への提言 日本・エストニア/EU デジタルソサエティ推進協議会(JEEADiS)理事/電子政府コンサルタント 牟田 学

定期購読のご案内