機関誌記事(記事単位)

会員限定

2016.08.10

『行政&情報システム』2016年08月号特集 コグニティブ・コンピューティングの行政への活用

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業 公共サービス事業部
パートナー 岡部 隆一

近年、官民を問わず、いわゆる“人工知能(AI)”への関心が高まっており、日々、新たな取り組みが新聞紙上などを賑わせている。IBMが提供しているWatsonについても、AIの一形態として取り上げていただける機会が増えている。しかしながら、IBMでは、WatsonをAIとは位置づけておらず、コグニティブ・コンピューティングの中核となる基盤として提案している。ただ、Watsonを構成する様々な技術の多くは、AIの適用について議論されている領域においても貢献できる技術と考えている。