機関誌記事(記事単位)

会員限定

2018.12.10

2018年12月号連載企画 イノベーションのためのサービスデザイン No.2 This is Service Design Doing

株式会社コンセント 代表
Service Design Network日本支部 共同代表
長谷川 敦士

1.What is Service Design?

サービスデザインの歴史
連載第一回の前回では「『デザイン経営』宣言」を取り上げ、イノベーションとは何かについて論じた。今回は前回の最後に取り上げたサービスデザインについて掘り下げてみる。
「サービスデザイン」という言葉自体が使われ始めたのは1990年代初頭となる。この頃ドイツのKöln International School of Design(KISD)にて、後にサービスデザインコミュニティの中心人物となるMichael ErlhoffとBirgit Magerの両教授によってサービスデザイン教育プログラムが開始された。同時期にPolitecnico di Milano(ミラノ工科大学)では、Ezio Manzini教授がサステナビリティの観点からサービスデザインの重要性を主張し、サービスデザインの学位プログラムを開始した。