機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2019.06.10

『行政&情報システム』2019年06月号(特集:デザイン思考の実践)

日本の行政において、デザイン思考を実践的に取り入れたサービスの開発・提供はまだ始まったばかりです。今回の特集では、イギリス・デンマーク・シンガポール・マレーシアといった国々の実践例を紹介しながら、日本の行政においてデザイン思考をいかに実践していくかについて考えていきます。
トピックスでは、
・つくば市副市長、加賀市部長の対談:自治体におけるブロックチェーン活用事例
・岸和田市におけるAR活用事例
・スタートアップ企業が挑戦する行政サービスUXの刷新
・基礎自治体におけるAI・RPA活用に関する調査研究の結果
について紹介します。

クリスチャン・ベイソン氏×若林恵氏対談「デザインが導く21世紀の行政」 デンマーク・デザイン・センターCEO クリスチャン・ベイソン、黒鳥社 代表/『WIRED』日本版 元・編集長 若林 恵

デンマークの公共部門におけるデザイン思考の実践―クリスチャン・ベイソン氏講演内容より― 一般社団法人行政情報システム研究所 研究員 松岡 清志

ASEAN におけるDesign Thinking の展開―シンガポール及びマレーシアの取組から― 総務省行政管理局 調査官 大西 一禎

英国政府におけるアジャイル手法の活用―GDS におけるアラン・プランケット氏の取り組みを題材として― 一般社団法人行政情報システム研究所 研究員 松岡 清志

行政におけるデザイン思考の推進に向けた人材育成に関する調査研究 一般社団法人行政情報システム研究所 主席研究員 狩野 英司

自治体におけるブロックチェーン活用に向けた取組みと今後の展望~自治体総合フェア2019 プレ講演・ 産業公共研究会での議論より~ 国際大学グローバル・コミュニケーションセンター(GLOCOM) 教授 高木 聡一郎、加賀市 経済環境部長 藏 喜義、つくば市 副市長 毛塚 幹人

岸和田市におけるAR活用の取り組み 岸和田市 企画調整部企画課、まちづくり推進部都市計画課

スタートアップ企業が生み出す「もう一つの電子政府」 テクノロジーを活用し行政サービスのUXを素早く刷新する 株式会社グラファー 代表取締役CEO 石井 大地

基礎自治体におけるAI・RPA 活用の可能性と課題 ~(公財)東京市町村自治調査会による調査研究の成果を踏まえて~

民間企業におけるICT活用事例 No.36 「利他主義」を原点に、不動産×ICTで業界変革・活性化を加速 「世界一のライフデータベース&ソリューションカンパニー」を目指す 株式会社LIFULL 取締役執行役員 山田 貴士

海外公共分野ICT化の潮流 No.12 ドイツにおけるデジタル政策推進体制の現状―メルケル政権のラストスパートなるか― 行政管理研究センター 研究員 寺迫 剛

行政におけるウェルビーイングの設計 No.4 ペインマップの社会的な射程 早稲田大学 准教授 ドミニク・チェン

行政情報化新時代 No.48 国連による電子政府調査 杏林大学総合政策学部 准教授 木暮 健太郎

CIO補佐官オピニオン No.1 「踏みとどまるきっかけ」 内閣官房IT総合戦略室 政府CIO補佐官 長谷川 和人

定期購読のご案内