研究所レポート

2022.06.01

行政におけるデザインシステムのあり方に関する調査研究

本調査研究は、行政機関があるべきデザインを一貫性を持ってユーザーに提供するためのデザイン原則やライブラリ、ルール等を定めた「デザインシステム」をいかに企画・開発・運用していくべきかを明らかにすることを目的として実施したものです。

政府は、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」において、政府機関が提供する情報に誰もが素早くアクセスできるように、各府省庁のウェブサイトのデザインやコンテンツ構成等の標準化・統一化を図るとしており、その具体策として、標準化・統一化のための原則・ルール等をまとめた「デザインシステム」の策定を進めています。

デザインシステムとは、あるべきデザインを一貫性を持ってユーザーに提供するためのデザイン原則やライブラリ、ルール等を定めたものです。ウェブサービスが役所の窓口に代わり、住民との第一の接点になりつつある今、デザインシステムの構築は、行政機関にとって避けて通れない課題となりつつあります。

本調査研究は、デザインシステムの行政への導入において先行する諸外国政府における事例を収集・分析し、どのように企画・開発・維持が行われているのかを明らかにするとともに、デザインシステムに初めて取り組んでいる組織と既に取り組んでいる組織に分けて、それぞれ示唆を整理したものです。

 

<お問合せ先>

一般社団法人 行政情報システム研究所 調査普及部

TEL: 03-3500-1121 E-mail: adp<@>iais.or.jp

(注)送信の際には、「<@>」を「@」に置き換えてください。

 

行政におけるデザインシステムのあり方に関する調査研究 報告書 本編

行政におけるデザインシステムのあり方に関する調査研究 報告書 概要編

行政におけるデザインシステムのあり方に関する調査研究 報告書 資料編

外国政府のデザインシステムの導入・運用に関する解説記事