機関誌記事(記事単位)

会員限定

2019.06.10

2019年06月号連載企画 行政情報化新時代 No.48 国連による電子政府調査(2018年版)

杏林大学 総合政策学部
准教授 木暮 健太郎

1.はじめに

国連の経済社会局(Department of Economic and Social Affairs)による電子政府調査の最新版が2018719日に発表された(※1)。2001年から始まった本調査も、今回でちょうど10回目となった(※2)。

国連の報告書がリリースされる度に、この連載において、その概略を紹介してきたが、今回も日本を中心として取り上げてみたい。まず、最新の電子政府ランキングを確認しよう(表1参照)。

2018年のランキングにおいて、1位はデンマークであり、前回の9位から大幅にランクアップした。続く順位は、それぞれオーストラリア(2位)、韓国(3位)となっており、前回の2016年から変動はなかった。一方、英国は1位から4位へと順位を下げたが、トップ10に関しては、ほぼいつも通りの顔ぶれといっていいだろう。

(※1United Nations, Economic and Social Affairs, E-Government Survey 2018: Gearing E- Government to Support Transformation Towards Sustainable and Resilient Societies, United Nations, 2018.

(※2)国連による電子政府の調査(ベンチマーキング)は2001年から始まったが、現在も使用されている指標(EGDI: E-Government Development Index)による測定は、2003年の調査以降である。

 

(出典)United Nations, Economic and Social Affairs, E-Government Survey 2018: Gearing E-Government to Support Transformation Towards Sustainable and Resilient Societies, United Nations, 2018, p. 89. なお、前回の順位から上がった場合は、下がった場合は▼、同じ場合は○と国名の左側に記してある。また、193カ国におけるEGDIの平均値は、0.55であり、前回(2016年)の平均値0.49から若干、上昇している。

1 国連の電子政府調査(2018年)