機関誌記事(記事単位)

会員限定

2017.12.08

『行政&情報システム』2017年12月号トピックス 行政におけるCDO(Chief Digital Officer)導入の可能性

一橋大学大学院商学研究科 教授
CDO Club Japan 顧問
神岡 太郎

1.はじめに
世界的にCDO(Chief Digital Officer)に対する関心が高まっている。CDOとは、組織におけるデジタルに関する最高責任者である。ここ数年、企業だけでなく、政府や自治体でもCDOの採用が増えている。ここではそのような行政組織におけるCDOを「行政CDO」とよぶ。単なるデジタル部門の長ではなく、行政組織横断で、行政全体のデジタル戦略を担い、Digital Transformationを実行し、Digital Governmentをリードすることが期待されている。