機関誌記事(記事単位)

無償

2018.04.10

2018年04月号特集 英国政府GDSが牽引するデジタル改革―英国政府教育省CDOマーク・オニール氏講演内容より―

一般社団法人行政情報システム研究所
松岡 清志

1.はじめに

英国政府では、デジタル・バイ・デフォルトでのサービス提供を具体化するための組織として2011年にGDS(Government Digital Service) が設置され、政府のデジタル改革が進められている。
本稿では、GDSの活動を中心に、英国政府においてデジタル改革がどのように進められてきたか、また現在どのような課題を抱えているかについて、2017年12月4日に当研究所が東京大学公共政策大学院とともに主催した第13回仮想政府セミナー「政
府におけるデジタルサービスの潮流:英国政府に学ぶ」において、GDSのイノベーション・サービス提供部門を2011年から2015年まで率い、現在は教育省のCDO(Chief Digital Officer)を務めるマーク・オニール氏が行った講演内容を基に紹介する。