機関誌記事(記事単位)

無償

2018.06.10

2018年06月号トピックス 英国映画界の巨匠ケン・ローチ監督と考える、デジタル・ガバメントの未来

フリーランスライター 
内田 伸一

2016年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を受賞した、『わたしは、ダニエル・ブレイク』をご存知だろうか。イギリスの地方都市で慎ましく暮らす初老男性が、病気による休職を機に社会のセーフティネットからもこぼれ落ち、生活苦に追い込まれる。その様子を、現状の社会保障制度も通じて描く社会派ドラマだ。そこにはまた、英国が本格導入し、日本を含む各国も検討を進めるデジタル・ガバメントに対して一考を促すまなざしもある。監督は英国の大ベテラン、ケン・ローチ氏。筋金入りの左派をも自認する映画人であり、本誌への登場を意外に感じる読者もいるだろう。だが、行政情報システムの専門家に学ぶと同時に彼のような別の視点にもふれることは、いまデジタル・ガバメント化の流れの中にある私たちにとって有益なのではないか。そうした考えから今回のインタビューは実現した。取材に応えてくれたローチ氏および配給会社ロングライドの皆様に深謝したい。