機関誌記事(記事単位)

会員限定

2022.04.15

2022年4月号 連載企画 デジタル社会のデザインプリンシプル No.3 “効率化”の先にある価値を探したい

国際大学GLOCOM
准教授
櫻井 美穂子

1 個人利用のITが行政サービスのエンドポイントに

 ITコンシューマライゼーションという言葉を耳にしたことがあるだろうか?前回の最後でご紹介したように、テクノロジーの恩恵を最も早く生活に取り込むのは私たち一人ひとりの個人である。企業や官公庁などはそれに続く形で最先端のテクノロジーを組織に取り入れる傾向がある。コンシューマライゼーションには、コンシューマー化するという意味があり、企業などが従来独自のハードウェアやソフトウェアを使って(あるいは構築して)情報システムを開発していたところに、一般向けのツールが選択肢として入ってくることをITコンシューマライゼーションと呼んでいる。