機関誌記事(冊子単位)

会員限定

2019.04.10

『行政&情報システム』2019年04月号(特集:仕事を変えるテクノロジー)

AIやRPAといったテクノロジーの登場を背景に、仕事の生産性、効率性をより向上させようとする動きが行政機関でも拡がりつつあります。今回の特集では、コミュニケーションツールSlackやLGWAN-ASPとして提供されているAI-OCRといった事例も紹介しながら、行政機関や行政職員の働き方にテクノロジーがどう影響を及ぼすのかについて考えていきます。
トピックスでは、
・次世代医療基盤法の概要
・災害時や犯罪予測に関するAI活用事例
・文化財の観光活用に向けたVR等の制作・運用ガイドライン
について紹介します。

AI、IoT時代における行政職員の“はたらく”を 考える 慶應義塾大学商学部 教授 山本 勳 

デジタルによる新たなコミュニケーションとデータ連携〜電子メールの次の「働き方」を考える Slack Japan株式会社 カントリーマネジャー 佐々木 聖治

自治体の業務効率化を目指したLGWAN-ASPサービスとしてのAI手書き文字認識技術の導入 舞鶴市役所 情報システム課長 吉崎 豊、京都電子計算株式会社 常務執行役員 村上 敦、株式会社Cogent Labs. 代表取締役 飯沼 純

インタビュー:AI・RPAがもたらす自治体職員の役割の変化 早稲田大学政治経済学術院 教授 稲継 裕昭

次世代医療基盤法の概要 内閣官房健康・医療戦略室企画官 /内閣府日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室 山田 協

災害時の情報収集における人工知能(AI)の活用に向けて 慶應義塾大学環境情報学部 准教授(有期) 山口 真吾

「文化財の観光活用に向けたVR等の制作・ 運用ガイドライン」とその支援策について 文化庁文化資源活用課 中田 尚樹

警察庁のオープンデータを活用した独自AIによる犯罪発生予測 株式会社Singular Perturbations Founder&CEO 梶田 真実

民間企業におけるICT活用事例 No.35 レガシーシステム刷新とデジタルトランスフォーメーションで基礎的収益力の強化とともに金融の未来を拓く 株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役員/IT・システム企画部長 高橋 達浩

海外公共分野ICT化の潮流 No.11 第52回ICA年次総会 デジタルガバメントとAIにおける各国の動向 総務省行政管理局 鈴木 紗耶香

イノベーションのためのサービスデザイン No.3 サービスデザインによるイノベーション 株式会社コンセント 代表/武蔵野美術大学 教授/Service Design Network日本支部 共同代表 長谷川 敦士

行政情報化新時代 No.47 「無縁」とパーソナルデータ活用社会 武蔵大学 社会学部 教授 庄司 昌彦

研究員コラム 行政情報化セミナー「第3回デジタル・ガバメ ント講座」開催報告 一般社団法人行政情報システム研究所 研究員 松岡 清志

定期購読のご案内