記事

機関誌記事(冊子単位)

『行政&情報システム』2016年10月号(特集:2016年度IT戦略における電子政府の取組)

今年5月に改定された世界最先端IT国家創造宣言では、これまでのIT戦略の取組の成果を振り返るとともに、IT利活用の更なる推進に向けた3つの重点項目の設定、また推進体制の一層の強化を図ることを目指している。本特集では、これらの取組の全体像を俯瞰するとともに、特に国主体の取組については情報システムのコスト削減に、地方主体の取組については自治体クラウドの導入にフォーカスし、具体的な活動レベルまで掘り下げて解説を試みている。本特集での紹介を契機として、これらの取組が創造宣言に掲げられたように「国から地方へ、地方から全国へ」と横展開され、効果が波及していくことを期待したい。

2016.10.10

機関誌記事(冊子単位)

『行政&情報システム』2016年08月号 行政を変える人工知能技術

第三次人工知能ブームが加熱する中、その適用領域は経済社会のあらゆる分野に拡がり、変革をもたらそうとしている。行政もその例外ではなく、従来型の業務・サービスを大きく変えていく可能性があるが、導入にあたっての課題や限界も決して小さくない。そうした中で、どのように行政が人工知能と向き合うべきかについての議論は始まったばかりである。行政での人工知能技術の利用にはどのような可能性があるのか、どのように導入に向けた検討を進めていけばよいのか。
本特集が、行政における人工知能への理解と検討の深化に向けた取組みの嚆矢となることを期待したい。

2016.08.10

機関誌記事(冊子単位)

『行政&情報システム』2016年06月号 データを駆使する行政運営

データ利活用技術の飛躍的な発展に伴い、行政においてもこれまでにない新たなサービスや取組みが可能となってきている。
本特集では、既に実用化され、さらなる拡充が図られつつある国内外の先進的な取組み事例を紹介する。また行政職員がどのようにデータと向き合っていくべきかを行政の現場の目線から検討する。これらの課題提起を通じて、“データを駆使する行政運営”の実現に向けて、各行政機関がデータ利活用への取組みをさらに一歩前に進めるためのヒントを提供したい。

2016.06.10

機関誌記事(冊子単位)

『行政&情報システム』2016年04月号 海外政府のCIO制度

行政課題の複雑化・多様化とテクノロジーの進展に伴って、行政機関のCIO(Chief Information Officer)をとりまく環境や求められる役割もまた大きく変化しつつある。我が国でも各府省CIOが設置されて以来、段階的に制度の見直しと拡充が図られ、特に政府CIO制度の創設以降は、顕著な成果を上げつつあるが、こうした努力は今後もさらに高い水準で求められ続けることだろう。
本特集では、海外政府がそれぞれの置かれた条件下でどのようにCIO制度の強化あるいは見直しに取り組んでいるかを明らかにすることで、今後CIO制度をはじめとする電子政府推進体制のあり方を考える上での一助としたい。

2016.04.10